2015富津市民花火大会を終えて


2015年7月25日(土)に開催された富津市民花火大会の開催にご協力頂いたウォータースポーツ利用者の皆様、ありがとうございました。

特に、大会当日の花火打ち上げ場所付近=布引海岸への、PWC水上バイク等の全面乗り入れ自粛にご協力頂いた富津岬を守る会の皆様には心から感謝いたしております。いつもご協力ありがとうございます。

また、普段から富津岬北海面および南海面でウォータースポーツに取り組む場合の留意事項=ローカル・ルールを徹底して守って頂いているMK SURFの松尾さんとお客様の皆様にも心から感謝いたしております。いつもご協力ありがとうございます。

今回の花火大会は初の市民有志による開催という事で、普段から富津市の海を利用させていただいている富津市ウォータースポーツ協会としては、お礼の気持ちも込め是非ご協力させていただきたいと申し入れ、富津市民花火大会の実行部隊と共に開催前のビーチクリーン活動から花火前日、当日、翌日とご一緒させていただきました。

普段や特に週末など、ウォータースポーツ利用者が富津市民の皆様にご迷惑をおかけしていないか? 叱られるつもりで臨みましたが、本当に沢山の市民の皆様や市役所の皆様、花火大会開催関係者の皆様や各漁協の皆様に協会の活動趣旨をご理解頂き歓迎され、本当に有り難い事だと感じました。

これからも、

これからも、富津の皆様からご指導頂き、富津市を誰もが何度も訪れたくなるマナーの良いウォータースポーツのメッカになる様、出来る限りの努力をいたします。

どうか、直接当事者に言いにくい事や迷惑を感じていらっしゃることがあれば(海上や海岸、陸上で写真を撮って頂いてかまいません)、富津市ウォータースポーツ協会が全部引き受けるつもりで居りますので、善良なウォータースポーツ来訪者を、今後も暖かい眼差しで見守って頂けると幸いです。

本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

ウォータースポーツ来訪者の皆さんへ
ローカル・ルール違反や迷惑行為を繰り返さないために心がけていただきたいこと。

残念なことに、2015年7月25日(土)富津市民花火大会開催当日、警察や消防が安全点検をしているさなか、布引海岸(千葉県立富津公園内)のウインドサーフィン侵入自粛エリア(カイトボード利用者が増えたため他の異種スポーツ利用を制限している箇所)内において、ユニバーサルカイトの山口店長が同店のお客様に指示して海岸の流木に火を点け、富津公園内に煙が立ち込めるという禁止事項違反がありました。この行為は明確に禁止されています。千葉県まちづくり公社:千葉県立富津公園WEBページ参照

ユニバーサルカイト放火

鎮火後に現場に行きましたが、山口店長不在のため現場にいたユニバーサルカイトのお客様に厳重に注意しましたが「山口店長に言われてやった」と仰っていました。

海風が風速8m/sで岸に吹きつける中、海岸で流木に点火したらどうなるか? カイトボードという風を利用して推力に変えるスポーツに取り組んでいて、それをお客様に販売までしていて、千葉県に禁止されていなくても真のウォータースポーツマンなら誰でも解るはずです。こんなにいい加減なことをしていると、富津の海からカイト・ボード全てが全面禁止になっても不思議は有りません。

ユニバーサルカイトが富津市ウォータースポーツ協会に協力して頂けないことはしかたないですが、同じカイトボードを普及させて沢山の人を楽しませ、TV等のメディアでも沢山紹介していただきながら、富津市の皆様にご迷惑にならないよう日ごろから尽力していただいているMK SURFの松尾さんにはお詫びして下さい。また、富津市の海でカイトボードを利用する場合は必ずMK SURFの指示に従ってください。ショップに所属せずフリーで来訪しているカイトボード利用者も同様です。

大佐和海岸はカイトボードおよびPWC水上バイク自粛エリアです。

富津市大佐和海岸でウォータースポーツに取り組む場合の留意事項

カイトボード利用者の増加により、富津岬南海面の富津海水浴場仕切り杭から岬先端までの数キロメートルに渡って、カイトボードが利用できるよう他の異種スポーツの利用制限をしていますから、かなりの広範囲をカイトボード利用者だけが独占できている状態です。

富津岬北海面および南海面でウォータースポーツに取り組む場合の留意事項

杭

カイトに繋がる30mのワイヤー長を考えれば、利用者の周囲60mは他の利用者は進入不可ですから、サーフィン利用者やSUP利用者、ウインドサーフィン利用者のために大佐和海岸はカイトボードおよびPWC水上バイク自粛エリアとなっております

2015年7月25日(土)富津市民花火大会当日も、ローカル・ルールを守らないカイト・ボード利用者の侵入が2件ありました。

違反カイト

当日サーフィンに来ていた初心者の方は海に出るのが2回目だと仰っていましたが、海側から海岸に向かって伸びるカイトの大きさとスピードに恐怖を感じ、すぐに上がったと訴えていました。

富津の海は、上手な人が初心者の利用者を萎縮させるような品の無い海では有りません。あなたたちにも必ず初心者だった時期があったはずです。

富津の南海面でカイト・ボードを利用する際は、富津海水浴場仕切り杭から岬先端側を利用してください。大佐和海岸でのカイトボード利用は全面禁止です

カイトボード用品ディストリビューターの皆様へ

道具を売るだけが商売では無いはずです。自分達が仕入れて各ショップに卸した商品の利用状況をよく確認し、販売店(ディーラー)に各地域のローカル・ルールを徹底して守るように充分指示して下さい。

富津の海でカイトを利用する際は、富津市ウォータースポーツ協会が明示するローカル・ルールに従うよう指導して下さい。また、富津の海でローカル・ルールに従わないショップに卸売りを続ける場合は、千葉県消費者センターに連絡し対応しますので、充分注意して用品を卸してしてください。

これらのお願いはすべて、富津市を誰もが何度も訪れたくなるマナーの良いウォータースポーツのメッカとし、市財政を立て直す観光の要として富津の海を安全でトラブルのない日本一の地域にするためです。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。