海のマナー・ルールを守って、海の事故を無くそう!!


2015年も猛暑が続いておりますが、富津市内の海水浴場もすでに海開きがおこなわれ、海水浴シーズンに突入いたしました。そうした中で地元住民の皆様や漁業関係者、海上保安庁、ローカル・ウォータースポーツ愛好者の間で毎年懸念されているのが、マナー違反、ルール違反、法律違反による海難事故の発生です。

富津市の海でマリンスポーツを楽しんでいる皆様にお願いです。

富津岬周辺の海は、陸からの見かけとは裏腹に潮の干満による潮流が速く、ライフセイバーが常駐していない場所もあり、海上で事故が起こった場合水深が浅く巡視船やレスキュー艇が接近できない場所が多数あります

そうしたことから、木更津海上保安署やトラブル発生時に毎回お世話になっている富津漁業協同組合、富津警察署、富津消防署、富津市役所、富津市ウォータースポーツ協会、地元地域住民の皆様が協議の上、同意策定された富津岬周辺海上利用の際の厳格なルールがあります

水上バイクの走行エリア案内
PW_futtu

なぜルールが作られたのか?

一部のルール違反者のために、特定のマリンスポーツをこの場所から排除することは簡単に出来ます。しかし、そうならないためにローカル・ルールが作られました。それでも、自分達の楽しめる場所を末永く守ることは非常に難しいことなのかもしれません。

近隣市のルール策定例:館山市:
館山の海水浴場におけるマナー向上条例を制定!!

尚、富津市周辺の海浜でルール違反者を見かけた場合は、事故が起こってしまう前に、出来るだけ早く木更津海上保安署:電話: 0438-30-0118 にパトロール要請してください。

ビジターの皆様にも、このローカル・ルールをしっかりと守っていただき、みんなが楽しめる海をいつまでも利用できるよう、自分達の手で守ってゆく意識を持って頂けるよう心よりお願い申し上げます。

A4kaiho
PDF版:海のマナー・ルールを守って、海の事故を無くそう!!